たるみ治療の最前線を知る

たるみ治療というと顔にメスを入れる方法しかないと思っていませんか。


もちろんそういった方法もありますが、実はメスを入れずに光を当てるだけでできるたるみ治療もあるのです。

光を当てるだけでなぜたるみが治療できるのかというと、傷の創傷過程を利用した方法だからです。簡単に説明すると光によって肌内部に傷をつけます。

その傷が治る過程でハリが戻ると言うわけです。
皮膚を切ってしまったりケガをすると、その後そこがかさぶたになってその周囲の皮膚が盛り上がった経験をお持ちでしょう。

それが肌内部で起こるので、一時的にその部分だけ肌のハリが戻るわけです。



効果は半年から1年と一時的ですが、メスを入れないことからたるみ治療の選択肢として入れる女性が増えています。



ただ、ここで注意したいのがいくら光を当てるだけといっても、失敗はあり得ることです。
メスを入れないのは確かなので、手術による傷痕が残ることはないですが、光の加減を間違えると火傷をする恐れもありますし、体質によっては肌内部を傷付けることでげっそりと老けこむケースもあると言います。
切らないたるみ治療を受ける場合は、こういったリスクは覚悟することです。

光を使う方法以外にもとける糸を入れる、金の糸を入れるなどいくつかのたるみ治療法があります。

どの方法にも言えることですが、100%成功するものではないので、やるのであれば腕の良い、経験値の高いドクターに任せることです。